麻酔科 ペインクリニック

「痛み」の相談はペインクリニックへ

ペインクリニックは「痛みを取り除く」あるいは「痛みを和らげる」ためのものです。
当院では局所麻酔薬を用いた神経ブロック療法や近赤外線照射器を用いて、日常生活を送るうえで有害な痛みを緩和する治療を行っています。
痛みの種類により治療法がことなりますので、詳細についてはお問い合わせ下さい。

こんな症状に

帯状疱疹による痛み

肋間神経や三叉神経などの走行に沿って痛みのある小水泡を生じるのが帯状疱疹です。
多くの場合水泡は1~2週間ほどで消失しますが、夜間眠れないほどの痛みに苦しめられることが少なくありません。
痛みをこじらせない為には、なるべく早くペインクリニックを受診して痛みの治療を開始することが望ましいです。

ぎっくり腰、脊柱管狭窄症、
椎間板ヘルニアによる痛み

痛みを感じる部位に局所麻酔薬を注射したり、硬膜外腔と呼ばれる特殊な部位に局所麻酔薬を注入する硬膜外ブロックにより、痛みの改善が期待できます。

顔面神経麻痺

ある朝起きたら顔面が曲がっていて、片目がつぶれない、口から食べた物がこぼれるというのが顔面神経麻痺です。
頚部にある交感神経節に局所麻酔薬を注射する星状神経節ブロックにより治癒が促進されます。

あなたの街のお医者さん

〒171-0051 東京都豊島区長崎6-2-12
西武池袋線東長崎駅下車、北口から徒歩約10分

03-3957-5502
03-3957-5368

健康に関わること 何でもご相談ください

pagetop